title.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ヌルちゃん

べじ3が、校外学習に行ってきた。

サンシャイン水族館・浅草寺・江戸東京博物館。

帰ってきての開口一番。

サンシャインの隣の公園に猫が10匹以上いてさ〜〜〜。


どんな新聞ができあがるやら。

…で、おみやげ。

ぬいぐるみ のヌルちゃん。

ぬるチャンとジジ 

押すと プピ〜 と鳴るのが怖いらしい。
スポンサーサイト
by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at 22:29 |  社会科見学・親子教室 |  comment (1)  |   |  page top ↑

紅型どうなった?

紅型染めの仕上がりは、こんなんでした。

べじ1
キャミソール 後ろ
IMGP1188.jpg
べじ1
キャミソール 前
IMGP1189.jpg

べじ3 
Tシャツ 
IMGP1196.jpg

べじ2
Tシャツ
IMGP1197.jpg

なかなかの出来栄え ですよね?
それにしても、隈取りって難しい。

きっと上手く計算できるようになるには、まだまだ先はながいんでしょうねえ…ふう。


by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at 23:17 |  社会科見学・親子教室 |  comment (1)  |   |  page top ↑

紅型体験!

紅型染め体験教室に参加してきました!

ご近所ママさんが、お仕事でお付き合いのある作家さんを招いてくれて、直々のご指導!によるミニ講習会に参加することができました。


染めたいものを持込みで~とのことで、

べじ1 キャミソール
べじ2&べじ3 Tシャツ

を持参しました。

●好きな絵柄の型を選ぶ

べじ1 前面 桜  背面 流水と桜
べじ2 前面 牡鹿 背面 鳳凰
べじ3 前面 ナシ 背面 牡鹿

●ノリをひいて(ノリを均一に乗せるのは難しい作業なので、先生やってもらった)から、ドライヤーでかわかす
紅型 のり置き

青っぽい部分がノリ(色を載せても、はじくので染まらない)の部分で、白い生地部分に顔料を載せていく部分

●隣の色と混じらないようにノリが載っている輪郭線に注意しながら、各絵柄の部分に顔料を2度塗りし配色する

●隈取り(色を追加しぼかしてゆく作業)を加える

までを、会場で行いました。

配色と、隈取り(ぼかしというよりアクセントを入れるって感じ…)の作業が、めちゃめちゃ楽しかったです。
同じ絵柄の型を選んでも、色使いが個人個人で全く違うし、隈取りは、同系色で行くのか、反対色で行くのかでまったく雰囲気が変わるようです。
隈取りの色決めも、個性がでましたね。
攻める!か、守るか?

●2日間 色の定着のため、乾燥させる ← いまココ

明日、
●アイロンがけをし徹底的に顔料を布に定着させる
●温水でノリを溶かし、シャワーの水圧でノリをあらい流して出来上がり!

なのですが、べじ家の面々、
リビングで乾燥中の自分の作品をしげしげと眺めては、仕上がりはどんなだろ~と、ものすごーく、うきうきソワソワしています。

隈取りまでした状態だけを見ると、クレヨンで書きなぐって輪郭から色がはみ出しちゃった幼稚園児の絵みたいに見えるんですよ。
配色→隈取り終了

なので、ドキドキ感タップリです。


by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at 21:47 |  社会科見学・親子教室 |  comment (0)  |   |  page top ↑

アートデリバリー 筆とあそぼう! そして知ろう!

IMPG4324s.png
方南児童館で行われた特定非営利活動法人 芸術資源開発機構(ARDA)主催のアートデリバリーに家族で参加してきました♪

べじ2が、お手伝い兼カメラマンで参加するとの話だったので、午前中公開授業だったべじ3を引き連れて午後からの参加。
べじ3は、方南児童館の子供達に混じって、書家北村先生の導きの元、筆と墨とで遊んできました。

墨のつけ方、筆の持ち方を習ったら、基本は自由。いわゆる、先生のお手本ってのが無いんです。
一斉に同じ文字を書くとかいうのもナシ。

見本というか、一例というか、こんな風にやってごらん!というのを先生がデモンストレーションしたら、あとは、見よう見まねで自由に書いて良し!!!

1本の線を、どわーっと一気に何本も書く子がいれば、丁寧に丁寧にまっすぐの線を書く子。

○を書くにも、ぐるぐるぐるぐる、次々に大中小取り揃えて書く子も、ハートになっちゃった~と喜んでる子も。

みんな、ホントに色々です。

圧巻だったのが、16mもの長ーい紙に一人一人が、長ーい線を描く場面。

子供達の真剣なまなざしと、一生懸命に繋げて描こうという気持ちや息遣いが、そのまま墨を通じて紙に表れれた!!!っていう感じでした。
参加していた子供達全員が、たった1回の墨付けだけで16mを見事に書ききりました。

みんな、ゴール地点で、ふう~~と息をついては満面の笑み。

IMPG4267.png

あっという間の1時間半でした。


by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at 20:55 |  社会科見学・親子教室 |  comment (0)  |   |  page top ↑

はんだごてのプロになる?

半田ごて

ちゃりんこで20分ほどサイクリングして到着する大学付属の学校で定期的に開催されている「ロボット工作教室」
に参加してきました。

このロボット教室の特徴は、ハンダゴテの作業あるのところが、ちょっとプロっぽいので、べじ3は、ものすごく気に入っております。
実のところ、今日で2回目です。

今日作った「ライントレースレースカー」というロボットの説明です。

光センサを搭載しており、黒い線をたどって進む「ライントレ-ス」機能を持ったロボットです。
発光ダイオ-ドから発射された光が反射されるかどうかを光センサがキャッチして進みます。
また、タイヤ駆動の機構にモ-タ軸の回転力を直接タイヤに伝える「アイドラ駆動方式」を採用しており、シンプルなメカ構成で動作音も静かです。基板は自作のボディなどを取り付けることができるように、たくさんの穴があいています。またメカ部と電子回路部が分割できるなど色々な加工が行いやすいような構造になっていますので、キミだけのオリジナルロボットを作ってみましょう。


うーん。すでにべじ1、理解できない箇所がございます。


工作教室からの持ち物の指定は、単三電池4本・ドライバー・ラジオペンチ・ニッパーそしてMy半田ごて♪
ウホウホ状態で、自ら道具を机にきれいに並べてスタンバイのべじ3。
ふだんの勉強もこうだといいねえ…。

…で、先生から各部品の向きや記号の説明等があったあと、いよいよ先生の華麗なる半田ごての実演です。

1 2 3 4                          
基盤の接合部分にハンダゴテをつけて暖める 

5 6 
接合部分に針金状のハンダをくっ付けて温めて溶かす

7 8
ハンダを基盤から離す

9 10
ハンダゴテを基盤から離す

いいかな…、見ててね~。

1,2,3,4,5,6,7,8,9,10~♪

1,2,3,4,5,6,7,8,9,10~♪

1,2,3,4,5,6,7,8,9,10~♪

規則正しいリズムでヒョイヒョイヒョイッと、つぎつぎに美しい銀色の塊が出来てゆきます。

お~~~~、先生、楽しそうです。


べじ1も、ついつい面白そうなので、ちょっと借りてやってみましたが、まあるくきれいにふんわりとしないのです。
やたらとツンツンして尖った仕上がりになったり、
バチッ!という音がでたり。

コレは加熱しすぎて基盤についている接合部分の版が割れた音だそうです。

ハンダゴテの作業って、みてると簡単そうなんだけど、実際やってみると難しい!!!!
まあ、そこは好きこそモノの上手なれ。
写真は、べじ3が、ハンダゴテを心から楽しんでいる様子です。
10時スタートの12:30分の完成・試運転まで、トイレに行っただけでノンストップでの集中作業。

ほんとに好きなんだねえ…こういうモノづくり体験♪

基盤


by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at 21:11 |  社会科見学・親子教室 |  comment (4)  |   |  page top ↑
プロフィール

名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ

Author:名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。