title.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

黒き猫

べじ2 から誕生日祝いに貰った本。

黒猫

黒猫づくし。

本の作りも、素材も 黒黒つやつや で、めちゃいい感じ。

菱田春草の「猫」たちが、紹介されてたら完璧だったわね…。

ジジ姫は、小笠原諸島にやって来たアメリカの方々が残していったボンベイの末裔か???
床暖でほこほこに温まったダンボールで、むちっと黒団子です。
米の箱
スポンサーサイト
by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at 21:50 |   |  comment (0)  |   |  page top ↑

3.11を忘れない!

べじ3 の装丁本 発売中!

40Aから30Aに アンペアダウンしたベジ家。

ゆくゆくは、電気の自産自消 したいです。

5アンペア

タイトルのお習字は、 べじ1 の書いた字も含まれております。
by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at 21:26 |   |  comment (1)  |   |  page top ↑

リテイク・シックスティーン

豊島ミホさんの、執筆休業前の作品です。

夜の朝顔 という作品をこのお正月明けに見つけて読んだとき、なんかすんなり馴染む小説だなあ…と思って、次々に、この方の小説を図書館で借り出しては読みました。

なんだか、やたらと、田舎弁のおばあちゃんの科白が、するするっと読めるんですよ。
田舎ならではの不便さと隣り合わせの学校生活の有様が、懐かしいというか、しんみりするなあ…と。

なんでかな?なんなんだろう?と思って、ググッてみたらば、生まれ故郷がおんなじでした。

作者が自らを評して、底辺女子高生だったとのことですが、高校生の頃なんてだれでも自意識過剰の認識不足のお年頃。
たぶん、現役、高校生が読むより、あれこれ失敗もかさね、マヌケな自分に赤面して大きくなった大人こそ楽しめるお話です。

豊島さんの復帰作を楽しみに、じっくり待ちたいです。
by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at 22:57 |   |  comment (1)  |   |  page top ↑
プロフィール

名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ

Author:名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。