title.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

金継ぎ

金継ぎ(金繕い)のワークショップに行ってきた。
べじ2 の知り合いの絵かきさんと陶芸作家さんの二人展の催し物。

割れたの3つ持ってきて〜というので、 
べじ1,2とで

1 縁がかけた マグカップ(洋食器って金繕いできるの?って持ってった)
2 けっこう粉々に割れた ご飯茶碗(べじ3が昔使ってたのをべじ1がもらって使ってたもの)
3 割れてないけどヒビが入ってる 煮物をよそうのにぴったりな中鉢(九段の花田のお品)

作業はこんな感じ〜

エポキシパテ の主剤と硬化剤を混ぜる
割れた側面に 塗りつける
元通りにかけらを組み直す
乾かして硬化させる
紙やすりで表面を滑らかに
新漆(植物性のうるし系塗料)と薄め液を混ぜてぬる
真鍮で出来た 金粉 銀粉を 茶碗の色にあわせて選び ふりかける
羊毛で抑えて、余分な金粉を取り除く
出来上がり

うひ。

面白かった。
洋食器などの磁器を銀で繕うの かっちょいい。
もともとの絵柄と、金や銀の組み合わせで、 ガラッと感じが変わるのがオモシロイ。

金継ぎ

歳を追うごとに握力減ってきたらしく、 頻繁に 落下運動させちゃうのじゃ。
これで、今後は、どんだけ割っても平気だ〜〜〜〜。





スポンサーサイト
by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at 21:21 |  老後の楽しみ |  comment (0)  |   |  page top ↑

歌会とやら

「かばん」主催の歌会に行ってきました。

ゲスト参加だったので、自分の短歌は持たずに手ぶらで。


とにかく、初めてだったから見学だけで、と思ってたけど…そうは問屋がおろさなかった。

●本人による短歌の朗読
宿題として提出してた歌8首が冊子「かばん」に掲載されているので、作者がその場で、読み上げます。
●正選・逆選
席順の次のひとが、その8首の歌のなかから、正選(一番良いとおもうもの)、逆選(一番ダメとおもうもの)を選びその理由をコメント。
●3人程度の指名によるコメント
次に、司会の人が、参加者を指名してコメントを引き出します。
●フリーな討論
参加者全員がそれぞれに自由に意見を交換します。
※コメントを受けている間、意見交換されている間、その歌を詠んだ本人は、 質問を受けたり、反論やら、弁解やらはしないのがルールらしく。
●メンバー全員での挙手による正選
コメントが出尽くしたあたりで、参加者が、それぞれ一番良い歌を選んで挙手
●歌人本人によるコメント
全員のコメントが、終わってから、ようやく一言。

うーん。もしかしたら最後2つ、順番が逆だったかな…?

ゲスト参加だったので、その場で読んで、その場で、すぐさま正逆つけるってのが、やたら難しく、冷や汗たらたらでした。
コメントもきっと、すっぽぬけだったり、的外れだったりしたんだろうけど、自分なりに。
最初の印象と、コメントをやりとりしたあとの印象が変わって、正選が、変わってしまうのが面白かったり、
あくまでも、正選は、正選として残ったりするのが面白かった…。

普段使わない脳みそをフル回転させたので、ヒジョーに疲れてたらしく、夕食後、爆睡でした。

でも、楽しかったので、次回は、自分の 短歌 を携えて参加しようかなと思っております。

きっと、コテンパン だな。

でも、今回ゲストで参加してみて、年取ったら短歌始める〜♪老後の楽しみ♪とか言ってたが、体力ないと歌会には参加できないことがよーくわかりました。














by 名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ  at 22:52 |  老後の楽しみ |  comment (1)  |   |  page top ↑
プロフィール

名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ

Author:名誉編集長てとぽん&ベジ1~3号&ジジ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。